トップページ > 古本買取の豆知識

古本買取の豆知識

古本買取というと、安価な価格で買い叩かれるイメージを持っている方が多いようです。たしかに1冊10円とか20円で売れたとしても、たいした利益にはなりません。ただし、古本には高く売るためのコツが存在します。買値の半額以上で売れる本も少なくありませんから、積極的に古本買取のご利用をおすすめします。

一番重要なポイントは、古本の状態です。きれいに保管しておくことが何よりも大切で、本が傷めばそれだけ買取価格は下落してしまいます。シミなどの汚れ、破れ、折れはもちろん、微妙な変色も査定の対象になります。本を保管するうえで理想的な環境とは、直射日光が当たらず、湿度が一定(40~60%)な場所だといわれています。加えて、書き込みなどもマイナスの要因になりますから注意しましょう。

本によっては付属品が存在する場合もあります。カバーはもちろん、できれば帯なども確保しておきましょう。CDも同じく帯が査定の対象になる場合がありますし、ゲームソフトの場合は説明書が買取価格に大きく影響します。

売れ筋の本はそれだけ高価な買取が期待できます。再読する機会が無いと判断したら、できるだけ早い時期に売ることをおすすめします。コミックなどの続き物については、セットで買取に出したほうが高値が付く傾向にあります。名古屋ではマンガ本買取も盛んなので、ぜひ古本ショップを利用してみましょう。郵送による買取サービスを利用する場合は、梱包に気をつけましょう。運搬中に書籍が破損するとやはり価格が下がってしまいます。

受験後の本の行方は?参考書買取?予備校テキスト買取?