トップページ > 古本買取の裏技

古本買取の裏技

古本買取にはいくつかのポイントがあります。価格を左右する最大のポイントは、本の状態です。状態如何では査定に大きなマイナス評価が出てしまうので、古本買取を利用するつもりであれば書籍は大切に保管しましょう。直射日光は避け、書き込みなどは絶対に行わないようにします。シミなどの汚れはマイナスになるので、飲食をしながらの読書は避けてください。カバーは失くさないように注意が必要です。折り目がつきやすいカバーについては、本と別々に保管した方が良いでしょう。破れは致命的なので、お子さんにも注意を促しましょう。

本の状態を見る基準としては「変色」が挙げられます。紙質にもよりますが、経年による変色は、本の保管状態に大きく左右されます。やはり直射日光による影響が大きいので、変色を防止するためにも室内の日差しには要注意です。ちなみに、本に付いている帯や付箋は査定の対象にはなりませんから、捨ててしまっても構いません。ただし、ネットショップでは帯の付いている古本の方が重宝される場合もあるようです。一般に大型店の方が査定が厳しいといわれていますが、これは店舗にもよるので一概に断言はできません。名古屋のようにたくさんの書店がある地域はそれだけ競争も激化していますから、高値が期待できます。

一部、絶版になっている本にはプレミアムが付く場合があります。残念ながら、大型店では希少価値があまり評価されません。珍しい本に関しては、専門の古書店などに古本買取を依頼したほうが無難です。