名古屋市で古本買い取り業者に依頼する前に見ておこう!

高値で買い取ってもらうコツは?

一口に古本といっても様々な種類があります。小説、漫画、医学書のような専門書に至るまで、無数のジャンルの本が「古本」として売買されています。専門性の高い書籍に関しては、査定する側の知識によって買取価格が大きく異なる場合もあります。一般に出回っている漫画や小説は価格が安定しているのですが、希少価値や専門性の高い古本に関しては、業者によって買取価格の変動が大きくなる傾向にあります。

即ち、古本買取は、その本と相性の良い本屋に売ることが大切です。希少な本であれば、やはり珍しい本を専門に扱っている本屋の方が高値が付きますし、医学書や美術書、さらには同人誌などに至るまで、それぞれに専門店が存在するということを覚えておきましょう。名古屋のような都市であれば専門店も豊富に見つかるはずです。近くにそうした古本買取の店が無い場合は、ネット査定や宅配サービスなども利用しましょう。チェーン店に関しては、査定作業がマニュアル化しているため、希少価値が認められる可能性はほとんどありません。プレミアムの付いている古本は売買を控えましょう。反面、売れ筋の本に関しては、大型店の方が高値が期待できるといわれています。

査定額は変動が激しく、原則として公開されていませんが、ネットオークションの相場を確認すればおおよその価格が把握できます。ただし、オークションで売る場合に比べて安価になる本が多いので、「とにかく高く売りたい」という方はオークションの利用も視野に入れてはいかがでしょうしょうか。

古本買い取りの裏技について

古本買取にはいくつかのポイントがあります。価格を左右する最大のポイントは、本の状態です。状態如何では査定に大きなマイナス評価が出てしまうので、古本買取を利用するつもりであれば書籍は大切に保管しましょう。直射日光は避け、書き込みなどは絶対に行わないようにします。シミなどの汚れはマイナスになるので、飲食をしながらの読書は避けてください。カバーは失くさないように注意が必要です。折り目がつきやすいカバーについては、本と別々に保管した方が良いでしょう。破れは致命的なので、お子さんにも注意を促しましょう。

本の状態を見る基準としては「変色」が挙げられます。紙質にもよりますが、経年による変色は、本の保管状態に大きく左右されます。やはり直射日光による影響が大きいので、変色を防止するためにも室内の日差しには要注意です。ちなみに、本に付いている帯や付箋は査定の対象にはなりませんから、捨ててしまっても構いません。ただし、ネットショップでは帯の付いている古本の方が重宝される場合もあるようです。一般に大型店の方が査定が厳しいといわれていますが、これは店舗にもよるので一概に断言はできません。名古屋のようにたくさんの書店がある地域はそれだけ競争も激化していますから、高値が期待できます。

一部、絶版になっている本にはプレミアムが付く場合があります。残念ながら、大型店では希少価値があまり評価されません。珍しい本に関しては、専門の古書店などに古本買取を依頼したほうが無難です。

古本買い取りの手順について

通常の古本買取は店頭で直接行います。買取ってもらう本をカウンターに持って行き、依頼しましょう。名古屋の大型店などでは、買取専用のカウンターを設けているお店もあるようです。価格の査定は店のスタッフが行います。チェーン店などでは作業がマニュアル化されているため、アルバイトのスタッフが査定を行う場合も少なくありません。ただし、古書など専門知識を要求される古本買取については、やはり専門のスタッフが査定を行う店が多いようです。

査定には多少の時間を要します。冊数が多ければ多いほど時間を要しますから、店内で立ち読みでもして時間を潰しましょう。査定が終了次第、カウンターに呼ばれます。店員から買取価格について説明を受け、その価格で買取を認めるかどうか意思を確認されます。金額に納得できない場合は、この時点で古本買取を断ることも可能です。名古屋には多くの買取店がありますから、複数の店を訪れて価格を比較してみても良いでしょう。

古本を買取に出す際は、住所、氏名、年齢、性別、電話番号などの個人情報を申し込み用紙に記入しなければならない決まりになっています。念のために免許証か保険証など、身分を証明するものを持参した方が良いでしょう。

出張サービスを利用する場合は予約が必須です。自宅へ店員が来てくれるので、大量の古本を処分したい方や、交通の手間を省きたい方は利用しましょう。基本的な手続は通常の取引と同じですが、出張費が必要なお店もあるようです。

免責事項

リンク先も含め、当サイトで得た情報によるトラブル、その他、不利益が発生したとしても、当サイトと管理人は一切の責任を負えませんのでご了承下さい。あくまでひとつの情報として、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願いします。